年々増えるインプラント治療

2017年4月21日 no comments Posted in 未分類

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を創ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じもご自身の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことが出来ます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、おもったより深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。

障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われているのです。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を初めるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い初めてから、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよく聞かれます。そうなる訳として、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨聴きれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診て貰いましょう。